リコネクティブ・ヒーリング周波数と科学

現在、世界的にも有名な科学、量子物理学などの研究者である、ゲイリー・シュワルツ博士、ウィリアム・ティラー博士、コンスタンティン・コロトコフ博士などの指導によって、世界中の研究機関での研究も進められています。

最新の情報としては、グレン・レイン博士(スタンフォード大学医療センター研究員/量子生物学研究所 所長)が、リコネクティブ・ヒーリングをDNAに応用した研究にて、DNAが欠損を自己修復することを実証しました。

これらの研究によって、リコネクティブ・ヒーリング®はエネルギー・ヘルスケアとして、大きな一歩を歩き始めました。

日本でも大きな話題となっているこのリコネクティブ・ヒーリング®は、すでに世界で70カ国、7万人以上もの人たちが学んでいます。そして、そのうち2割が医師を含む医療従事者です。このように医療に携わる人たちがリコネクティブ周波数を持っていると、その人たちが接する人々の病気や症状には自然にヒーリングが起こるようになるでしょう。(著者「リコネクション®」エリック・パール博士)